住田株式会社

エントリー

お客様は大事なパートナー仕事の面白さは無限大です!

第2営業部 係長

椋本 康寛

2012年 中途入社

広島修道大学 商学部 経営学科

—住田に入社したきっかけは?

前職は自動車の営業をしていました。住田が扱う商材の多さに驚き、“営業心”をくすぐられたというのが入社した主な理由です。お酒が好きで、飲み会の雰囲気が好きというのも住田に入社した理由の一つです(笑)。

—主な業務内容を教えてください。

私が担当するのは業務用の酒類・食品の配送ですが、店舗の不動産情報から冷蔵庫の注文まで、飲食店経営にかかわることなら何でも取り扱います。提案の幅は無限大で、総合的なプロデュースでお客様と成果を実感できる面白さがあります。

—仕事の大変なところ、やりがいを教えてください。

この業界は競合他社が多く、商品の価格競争はし烈です。何度も訪問し提案して獲得したお客様も、価格の安さで他社へに乗り換えられることも日常茶飯事です。取って取られてのイタチごっこ、利益も落ちます。この状況をどう打開していいのか悩みながら、お客様からのオーダーや相談はすぐに対応すると決め、帰社途中でも引き返していました。すると「いつもよくしてくれるから…」と対応力を評価してくださり、他社に取られるようなことがなくなったのです。お客様と信頼関係を築き、全てを任せていただけた時にやりがいを感じます。

—仕事をする上で、心がけていることはありますか?

私は、飲食店はお客様であり、お互いに“Win-Win”の関係を目指すパートナーと考えています。お客様に対して営業しているというよりも、一緒にお店を回しているという感覚です。新商品からトレンドをつかみ、お客様の店に合わせた商品の取り入れ方を探って提案し、お客様にとって定番の商材でもコスト削減を意識して「もっといいものがないか」と検討しています。提案したものがお客様の店で看板メニューになり、繁盛店となり、「ありがとう」という言葉をいただけたときにはガッツポーズです。

—就活生にメッセージをお願いします。

仕事には失敗、挫折はつきものです。石の上にも三年という言葉があるように、全体が見えるまではとりあえず仕事を続けてみてください。上司からの指摘やアドバイスを素直に受け止めて地道に動いていると、仕事に奥行きが生まれやりがいも見えきます。仕事の面白さは無限大です!

1日の流れ

  • 8:00出社

    注文確認・伝票記入
    FAX留守電での注文確認
    パソコンにて伝票入力

  • 8:00ピッキング(午前便)

  • 9:00配送(午前便)

  • 11:00ピッキング(午後便)

  • 12:00社員食堂にて昼食

  • 13:00ピッキング(追加分)

  • 14:00配達(午後便)

  • 17:30見積もり・締め作業
    日報の記入

  • 18:00退社

その他のインタビュー

Entry

募集要項