住田株式会社

エントリー

失敗を恐れずチャレンジ!やる気スイッチを入れるのが私の役目

第3営業部 部長代理

段原 直樹

1994年 新卒入社

広島ビジネス専門学校卒

—住田に入社したきっかけは?

学生時代にアルバイトをしていた居酒屋に、住田が納品していました。街中で住田のトラックをよく目にしていましたし、馴染みがあり興味を持ったのが入社した理由です。

—主な業務内容を教えてください。

入社後に配属された第3営業部は、広島市郊外に配達、営業する部署。新規オープン支援や既存店に向けて、不動産情報の提供からビールメーカーの紹介、最近の飲食トレンド、メニューの提案やメニュー表作りなどあらゆることに対応します。ここで24年、2年前に部長代理になりました。今は営業部が円滑に運営できるように管理し、部下の指導や育成が主な業務です。

—仕事の大変なところ、やりがいを教えてください。

私も、若い時は失敗をたくさんしました。お得意様との取引がなくなりそうになり、上司や同僚と一緒に謝りに行ったことは何回もあります。チェーン店のお酒のメニューを任せてもらった時には、プレッシャーで押しつぶされそうになりました。上司やメーカーに相談してメニューを提案し、オーナーの元に通って2時間も3時間も打ち合わせをして、夜遅くまでメニュー作りをしたことを思い出します。こうして若いときにパワーをもって仕事をした経験は、今の私の自信になっています。私を信じて何かあった時には手を差し伸べてくれる上司がいたからこそ、安心してチャレンジすることができました。

—仕事をする上で、心がけていることはありますか?

私も上司という立場となり、部員にも「失敗を恐れずチャンレジしてほしい」と考えています。そのために、生き生きと仕事ができる職場環境づくり、お客様のお役に立ちたいというやる気スイッチを入れることが私の仕事。部員が配達から帰ってきたら声を掛け、話を聞くようにしています。報告だけでなく相談にのることも多いですね。情報を共有し、部員で同じ方向を向いて頑張っていくことが成果につながると信じています。お客様から「よくやってくれるよ」「住田は対応が早い」といった言葉をいただいた時には、すぐに伝えます。私も本当にうれしいですね。

—就活生にメッセージをお願いします。

広島が好きでお酒に興味がある方、ぜひ一緒に汗を流しませんか。お客様とダイレクトにかかわることができるのでやりがい大きく、自身の成長も日々実感できる仕事です。

1日の流れ

  • 8:00出社

    本日の売り上げデータの確認、営業部員の把握、
    荷物の積み込みの手伝い

  • 9:00朝礼

  • 10:00メーカーからの提案

    新商品等、メーカーからのプレゼン

  • 11:00営業部実績の管理

    与信管理、目標に対しての売り上げチェック

  • 12:00昼食

  • 13:00営業会議

    売り上げ結果・情報の共有化など

  • 15:00新規店立ち上げの打ち合わせ

  • 17:00帰社

    営業部員からの報告を受け指導する

  • 18:00退社

その他のインタビュー

Entry

募集要項